河田小龍の遺作を訪ねる

幡山筆「松下寒山拾得図」(大津市歴史博物館)

去る11月16日大津市歴史博物館を訪ね、河田小龍筆(号は幡山)の「松下寒山拾得図」を見せていただいた。一人は幹に腰掛け、もう一人は寄りかかっている。二人は向き合ってはいないが、気分が良いのであろう、にこやかに談笑している。河田小龍は、私の祖母の父親、つまり曽祖父に当たるので、そのことを伝えお許しを得て写真を撮らせていただいた。

河田小龍筆「琵琶湖疏水工事作業図」をアニメ化したもの(琵琶湖疏水記念館)

この絵は、琵琶湖疏水記念館のホームページの巻頭を飾る絵で、疏水工事をしている作業員の一部をアニメ化して展示されている。京都の第三代目の市長(?)北垣氏の命で工事の様子を描いたものである。館内にはこの原画とそのレプリカ、ともう一枚(これは鳥瞰図で、今流に言えば、ドローンで上空から工事の全体を撮したような絵です)が展示されていました。これらは100X150cm位の横長の大きさですが、学芸員の方のご説明によれば、さらに大型の絵が京都上下水道局に保管されているそうです。またもっと小型の図誌のコピーも見せていただきました。