モネ それからの100年 横浜美術館

monet_100yearsAfter

横浜美術館の「モネ それからの100年」展を見た。モネや印象派の画家たちは、景色の中の色彩が、光により変わることに気づいた。光は一日の中でも変化する。モネは、積み藁の絵では、キャンバスをいくつも置いて、光の変化による色彩の変化を追いかけて描いた。パリのオランジェリーの壁を飾る睡蓮の絵もそうだ。この美術展では、「モネ・それからの100年」として、絵画の歴史に印象派が残した偉大な遺産を顧みている。

ネット上の情報では、このサイトが私のような素人にも分かりやすくてよかった。