クレパスで名画の模倣(3)

20161228_094714797_ios

ガブリエル・ミュンターによる、ヴェレフキンとヨウレンスキー、1908-1909、ミュンヘンのレンバッハ・ハウス市立美術館蔵。彼らは美術史の中では「青い騎士団」と呼ばれる画家たちである。私は、ミュンヘンの南にあるシュタッフェル湖畔の村ムルナウの、ガブリエル・ミュンターの家を訪れたことがある。家の壁や階段にも絵を描いてあり、いかにも画家の家だった。上の絵は、その家で買った小冊子の中にある絵で、クレヨンで比較的描きやすいので描いてみた。空や雲の描き方が不思議だった。なお、この村にはゲーテ・インスティチュートがあり、ドイツ語講座があるので、この学校で勉強した人の中には、このガブリエル・ミュンターの家を訪れた人もいるかもしれない。